お知らせ
当日ネット受付
当日電話受付
アクセス
トップへ

news
アレルギー性鼻炎


小さなお子さんのアレルギー検査について(2021年9月)

指の怪我のイラスト

①アレルギー性鼻炎の検査

血液検査をしないと全く治療ができないわけではなく、不安で泣き叫びながら受けてもらう検査ではないと考えています。特に小学生未満の方は、喘息の増悪因子を減らしたい場合、ペットの飼育を考えられる場合、免疫治療を検討される場合などで、かつ本人がある程度納得された状態で行わせて下さい。検査をうけられたあとは、頑張って受けたことを褒めてあげて下さい。

②食物アレルギーの検査

症状がないにも関わらず血液検査結果のみによって食物除去を行うことは望ましくありません。のべつまくなしに検査せずに、気になる食べ物がある場合には項目を絞って検査するか、小児科への紹介を相談させてください。

秋のアレルギー性鼻炎(2021年8月9月)

鼻水を垂らしている人のイラスト

お盆過ぎて少し暑さも和らぎ過ごしやすくなってきましたが、「くしゃみ鼻汁鼻づまり」で調子をくずされて来院される方が増えてきました。鼻の粘膜が白っぽく腫れているため、アレルギー性鼻炎として検査をするとダニで反応されている方が多いです。

ダニの死がいやフン(アレルゲン)で1年を通して鼻や目のアレルギー症状は起こりうるのですが、秋はそのアレルゲン量が最も増える時期です。ダニアレルギーの方はお薬でコントロールして自身の症状軽減と周囲に飛沫をまかないようにお願いいたします。

ダニアレルギーに対する舌下免疫治療をご希望の方は、秋のこの時期に開始すると治療に伴う副反応が強く出る方が多いため、来年の開始を提案させてもらっています。

花粉症と受験

合格発表のイラスト「合格して喜ぶ学生」

日本では花粉症シーズンが受験シーズンと重なります。パフォーマンスを落とさずにアレルギー性鼻炎の煩わしい症状をコントロールしたいものですね。医療機関では「薬局においていない治療薬」も処方できます。一方、ご自身で普段からできるだけ花粉を浴びないことも重要です。

その他に花粉シーズン前に予め免疫治療を行っておくことで症状を緩和できる可能性があります。またシーズン中でも特殊な注射薬(ゾレア)を使用することで症状を緩和できる可能性があります。2021年の受験シーズンはそろそろ終わりですが、2022年受験の方は、勉強以外に花粉症対策も早めに行っておくことをお勧めします。

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)に対する注射治療について

予防注射を受ける人のイラスト(男性)

注射薬ゾレア(オマリズマブ)に関する問い合わせが増えています。投与する際いくつか条件がありますのでお伝えしておきます

  • 年齢 12歳以上 体重20kg以上
  • 血液検査で総IgE値が25㎎/IU以上、スギIgEがclass3以上
  • 従来の薬で改善がみられない
などです。

血液検査は当院でも施行可能ですので、以前のデータを紛失された方もご相談下さい。

ただし、高額な治療(体重と血液検査結果で投与量がかわります。3割負担で1回約4千円~約7万円)ですので、診察してから薬剤を発注して後日注射します。

高額医療の適応になり自己負担額が減る場合がありますので、健康保険加入先に問い合わせてください。

2021年花粉症対策 

花粉と戦う人のイラスト

2021年倉敷市のスギ花粉本格飛散は2月12日からのようです。皆様十分対策を行ってください。

以下は日本耳鼻咽喉科学会HPからの転載になります。ご参照下さい。

花粉症のシーズンがやってきました。鼻水、くしゃみ、鼻づまり、どの症状もとても辛い、うっとうしい症状ですね。
 そして、今年は、新型コロナウイルス感染症が流行しています。花粉症の治療は、新型コロナウイルスの感染対策としても、実は大切なのです。

  • 鼻水、くしゃみ、鼻づまり、嗅覚障害といった花粉症の症状は、新型コロナウイルス感染症でもみられることがあります。花粉症の症状があると、ご自身がウイルスに感染しているかわかりにくくなってしまいます。
  • くしゃみ1回で発生する飛沫の量は、咳の10倍以上!花粉症の症状にウイルスの感染が加わると、周りへ感染を拡大してしまう危険があります。
  • 花粉症では、目や鼻のかゆみも出ます。ウイルスがついた手で目や鼻をこすると、粘膜を介してウイルスに感染するリスクがあります。
 耳鼻咽喉科では、患者さんの症状やご要望に応じた花粉症のオーダーメードな治療を提供しています。ご自身と周りの大切な方を守るためにも、新型コロナウイルスが流行している今シーズンは、花粉症が本格化する前にお近くの耳鼻咽喉科医へご相談下さい。

2021年花粉症シーズンの受診についてお知らせとお願い

「花粉症です」のマーク

花粉症シーズンにできるだけ待ち時間が少なくなるようにスタッフともども努力はいたしますが、診察にはある程度時間がかかりますので下記のことをお願いいたします。

①土曜日の午前中は混みあいます。初診の方や、待ち時間を短くされたい方はできるだけ平日の受診をお勧めします。特に めまい 耳鳴り 難聴 Bスポット希望の方 病状について詳しく説明を聞きたい方 は平日午前中受診をおすすめします。

②受診される方は順番受付システムを活用してください。初診の方は順番受付システムが使用できませんので、直接ご来院ください。

③順番待ちは自家用車内でも可能です。受付時にスタッフにお伝えください。

④受付時間は平日は18時、土曜日は12時30分までです。受付された方が終わるまで診察をおこないますが、受付システムの注意事項を守って来院してください。受付時間を過ぎても連絡がつかない方は診察しかねます。

お手数をおかけしますが何卒よろしくお願いいたします。

2021年花粉症

花粉と戦う人のイラスト

今年の花粉の量は例年より少ないようですが、昨年よりは多いようです。飛散開始(一定数の花粉が2日連続で飛ぶ)は例年通り2月中旬の予測ですが、少量の花粉はその1か月前の今頃からとんでいるようです。最近目がかゆいなあ、鼻がムズムズするなあと感じられたら洗濯物を部屋干しにして花粉症の治療を開始されてもよいかもしれません。

ダニの舌下免疫療法について(2020年6月)

鼻をこすっている人のイラスト

当院で採用しているダニの舌下免疫療法の薬剤が現在供給不足傾向になっています。

現在当院へ通院されている方と、すでに治療開始の予約をされている方の分は確保しておりますが、その他の新規開始の方の薬がありません。この夏に当院でダニの免疫治療を検討されるも予約していない方は申し訳ありませんが、供給体制が整ってから開始させてください。

スギの舌下免疫療法は随時受け付けておりますのでご検討されている方はお気軽にご来院ください

花粉症に対する注射薬(ゾレア)について

花粉と戦う人のイラスト
花粉症に対する注射薬(ゾレア)の対象となる方にはいくつか条件があります。

  1. スギ花粉によるアレルギー性鼻炎の確定診断がなされている。
  2. 12歳以上で、体重と血液中の総IgE濃度が基準を満たす。
  3. スギ花粉抗原に対する血清特異的IgEがクラス3以上。
  4. 従来の治療(内服薬や点鼻ステロイド等)で1週間以上コントロール不十分である。
以上を含め通常の診察と説明をしたうえで投与を検討しますが、非常に高価(3割負担で薬剤のみで1か月7千円~10万円程度)な薬剤です。

自己負担額や高額医療の適応の有無についてはご本人に健康保険加入先に確認をしていただきます。

当院では確実に注射治療を受けてくださると決められてから納入と投与をさせてください。よろしくお願いいたします。

2020年花粉症

スギ花粉のイラスト

今年の花粉は例年より数は飛ばないとの予測でしたが、例年よりだいぶ早く花粉がとびはじめています。症状が出る前から服用を開始された方が本格的な花粉シーズンの症状がおさえられるのと、鼻閉に対する薬は効果がでるまで時間を要するようです。

毎年症状がある方は医療機関の受診をご検討下さい。

 



上へ行くセミ~♪