prescription
院内処方について

院内処方とは
院内処方とは、診察を受けた病院の中で直接お薬を受け取ることを差します。当院ではこの院内処方を取り入れております。
一方、処方箋を外部の調剤薬局へ持って行き、お薬を受け取ることを院外処方と言います。

院内処方の場合、ご希望される薬剤がすぐに準備できない場合や、他の医療機関の薬剤の処方ができない等の不便を感じることもあるかもしれませんが、患者さんにとって利便性が高く、以下のようなメリットもございます。
  • 院外処方よりも自己負担額が抑えられます
  • 調剤薬局まで足を運ぶ必要がないため、移動の手間を減らすことができます
  • 診察代とお薬代の会計をまとめて済ませることができます

費用の比較
院外処方 院内処方
処方せん料・処方料 680円 420円
調剤基本料・調剤技術基本料 400円 80円
調剤料 1週間 350円 90円
2週間 630円 90円
3週間 770円 90円
薬剤情報提供料・指導料・管理料 150円 100円
服薬、副作用説明 300円 0円
外来後発医薬品使用体制加算 40円 40円

上記の表の通り、院外処方と院内処方では大きく価格が異なります。院外処方の場合は調剤や服薬指導料に様々な費用が加わってしまうため、院内処方よりも患者さんの負担額が大きくなってしまうのです。

なお、倉敷市在住の小学生までの方は医療費の自己負担がないため薬剤料については実感がないかもしれませんが、中学生以降の3割負担の方では以下の例のように1か月に900円程度の差額が生じる場合があります。

例えば1か月に2回通院される
患者さんの場合

(内服薬1種類 14日分処方)
院内処方と院外処方の比較表院内処方と院外処方の比較表
患者さんに優しい院内処方
  • 院内処方は患者さんの費用負担が比較的少ないだけでなく、外の薬局へ移動する手間も省くことができます。小さなお子様を連れている保護者様や歩くのも辛いような患者さんにとっては、薬局へ移動するだけでもとても大変かと思います。
    そんな患者さんの負担を少しでも減らすために、たち耳鼻咽喉科では院内処方を採用しています。

上へ行くセミ~♪