当日ネット受付
当日電話受付
アクセス
トップへ
news

お知らせ

2022年8月の休診について

「夏季休診のお知らせ」のイラスト文字

令和4年8月13日と15日は医院都合で夏期休暇のため休診とします。ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

令和4年7月ファイザー製新型コロナワクチン接種について

予防注射を受ける人のイラスト(男性)

当院では18歳以上のファイザー製新型コロナワクチン接種を令和4年7月末で終了予定です。8月以降は倉敷市からの割り当て分で12歳から17歳の方を対象にファイザー製ワクチンのみを接種予定としております。接種を検討されている方は何卒よろしくお願いいたします。

2022年6月の臨時休診について

2022年6月の臨時休診は11日㈯、13日㈪、30日㈭です。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

新型コロナワクチン接種3回目、4回目について

予防注射を受ける人のイラスト(男性)

2022年6月中の新型コロナワクチン(ファイザー社製)の3回目と4回目の接種可能です。接種希望される方は岡山県受付システムでの予約をお願いいたします。申し訳ありませんが、当院へ直接ご連絡くださっても予約しかねますのでよろしくお願いいたします

2022年4月2日~8日は世界自閉症啓発週間です。

カワセミのイラスト(鳥)

4月2日~8日は世界自閉症啓発週間です。

(以下 自閉症啓発デーホームページから抜粋です)

自閉症の人には、会話が苦手な人が多くいます。このため、その人の発達に応じたわかりやすい説明をお願いします。例えば、その人が理解している言葉を知り、その言葉を使うことや、写真や絵などを添えて説明する、抽象的な表現をさけて、短い表現で話すことなどで、理解しやすくなります。
 また、過敏で、人混みや大きな音、光といった刺激を苦手とする人が多くいます。このような刺激による不快感を増幅させないよう安心できる環境を調整して作ってあげてください。 新しい事や、いつもとやり方が違う時に、困って混乱することがあります。また、「できない時」「間違っていた時」に叱って教えようとすると、本人が混乱して余計に理解できなくなったり、将来に悪影響を及ぼすこともあります。どうすればよいのか、正しい方法をできるだけ具体的に教えることを基本に、穏やかに根気よく接して、良い関係を作るようにしてください。

当院でも絵カードを用いて診察前に何をするかをお伝えすることが可能です。配慮が必要な方は遠慮なくおっしゃってください。ただし私もまだまだ人間できておりませんので、自閉症の方に限らず威圧的な言動をされたり直ぐに怒って文句を言われる方は配慮しかねますので悪しからず。

難聴と認知症と補聴器(2022年3月)

補聴器をつけている人のイラスト

難聴と認知症の関係は以前から海外の論文では指摘されていましたが、近年日本国内でも報告されるようになりました。難聴がある方は、補聴器を使用されることで一般知識が低下しにくいとも報告されています。

近年は、コロナ禍においてアクリル板やマスクの装用に伴い、難聴の方はより一層不便を感じておられると思います。気になる方は一度近くの医療機関でご相談下さい。

アレルギー性鼻炎に対する免疫治療について(2022年)

すっきりしている人のイラスト(花粉症)

施行可能な医療機関も増え、皆様にも認知されるようになってきた治療方法で当院でも可能です。

特に女性の方は、妊娠や授乳時に使用できる薬剤が制限される可能性もあり小学生などの早めの段階での治療がすすめられます。

当院では5月~8月での開始を勧めており、今年の夏休みに治療を予約されているかたも増えております(花粉の飛散時期(2月~4月)、ダニアレルギーが増える(9月~11月)、風邪が流行る(11月~1月)に開始すると、治療開始時に副反応が増えることが指摘されています。)

花粉症、一年を通してのアレルギー性鼻炎でお悩みの方は鳥居薬品のホームページも参考にされ一度医療機関でご相談下さい。

低被ばくCT撮影装置導入しました。(2022年2月)

副鼻腔のイラスト
倉敷市内の耳鼻咽喉科診療所では2番目か3番目の導入になると思います。

予約なしで副鼻腔炎・中耳炎・大人の鼻骨骨折などを詳細に診断し説明することが可能で、通常のレントゲン撮影も可能です。総合病院への紹介や予約がない為、紹介料を含めた金銭的負担(※1)と別日検査をする時間的負担(※2)が軽減されるものと考えております。

コロナ禍で総合病院への紹介が一部制限されるなかでも皆様の利便性をあげるべく、院内で治療を完結できるようにこれからも鋭意努力してまいります。

(※1  副鼻腔CT検査は3割負担で約3500円の自己負担です。)

(※2 当院では準備時間を含め5分程度の撮影時間です。)

アレルギー性鼻炎の注射治療(ゾレア)について(2022年)

「花粉症です」のマーク

花粉症シーズンに入り、上記薬剤の問い合わせされる方がおられますのでご案内します。※昨年ゾレアの注射治療を受けておられる方は今年再検査は原則不要です。

当院では初回受診時に一般的な診察薬剤に関する説明採血(スギ花粉IgEと、2022年の総IgE値が必要です。)を施行します。

次回受診日に注射をする予定としますが、それまでに血液検査の結果から必要な薬剤量をご連絡いたします。体重と血液検査結果から3割負担でも薬剤料だけで4000円~高い方ですと70000円になるためです。

問題なければ薬剤を発注して予約日に注射をうつことになります。

注射は1シーズンに2回(1か月毎に1回)打つ方が多いです。

薬剤服用を忘れがちな方は一度ご検討されてもよいかもしれません。

3回目の新型コロナワクチン接種について(2022年3月分)

コロナウイルスのワクチンのイラスト

※(2022年2月19日おしらせ変更しました。)2022年3月は2月同様に月火水金の14時30分から15時でワクチン接種を継続いたします。今後4月以降の供給状況が変化しましたらまたアナウンスいたします。


上へ行くセミ~♪
たち耳鼻咽喉科 求人情報