お知らせ

news
お知らせ

睡眠時無呼吸症

終夜睡眠ポリグラフ検査のイラスト

睡眠時無呼吸症の程度の軽い方は歯科へお願いをしてマウスピースを作ってもらったり、程度の重い方はCPAPという機械での治療を行ってもらったりしてきました。その中間の無呼吸の程度が中くらいの方は、これまで総合病院へお願いをして一泊二日の入院での精査を行う必要がありましたが、最近は自宅でも検査を行えるようになってきており当院でも希望されれば自宅で検査してもらっています。

入院での検査は時間がとれないとして追加検査を行っておられない方は、もう一度医療機関でご相談されてみてはいかがでしょうか。

 



上へ行くセミ~♪
たち耳鼻咽喉科 求人情報